ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
V.A./南部アフリカ、ザンビアの音楽を知る / Luangwa To Livingstone(日本語解説付き4枚組BOX)
アフリカの音楽文化の研究者として名高いヒュートレイシーの意思を継ぐザンビア出身のマイケル・ベアード。音楽家としても活動する彼の愛情に満ちたアフリカ音楽文化へのアプローチによって制作されたその活動の集大成とも言えそうな知られざる“ザンビア音楽”を紹介するシリーズ第一弾。 ザンビアのルサカ州の最東端から近隣の南部州の最南端まで、ルアングワ川とザンベジ川の合流点からビクトリアの滝までの録音を収録した、4枚組のCDです。写真も素晴らしい! (HPより) ※ CD1「チクンダ/ンセンガ/ソリ/セワ」 これまで知られていなかった、ンゴロロンベの音楽的特徴がうかがわれるチクンダ族の音楽の恐らく世界初録音から、彼らの隣人であるンセンガとソリの素晴らしいドラミングと美しい歌を収録。さらにセワ出身のMufrika Edwardによる素晴らしい親指ピアノの演奏も収録。 ※ CD2「カロンダ・バンド録音集」 グウェンベ渓谷出身のギタリスト/SSWであり、2005年に 他界したジョン・シムバの南部人気バンド「カロンダバンド」の1996年と2002年に行われた録音を完全収録。ジョンは呪術を含む社会問題を批判的に歌っていた、勇気ある真のフォーク・ミュージックの英雄でした。とても聴きごたえのあるアコースティックギターアフリカンミュージック。 ※ CD3「南部ミックス」 バレー・トンガ、プラトー・トンガ、イラ族の伝統的な音楽を収録。ブラジルのビリンバウの原型と言われるカランブー・ミュージック・ボウの音楽や初録音のマンティンバのイニシエーション・ソング、さらに自家製ギターの暖かな音色による弾き語りやバンド演奏も収録。 ※ CD4「レヤのセレモニーと歌」 ビクトリアの滝のすぐ近くに住まう、レヤの人々の強烈で深い意味を持つ儀式の音楽と伝統的歌。驚異的な太鼓演奏、女性による大合唱団、そしてナマルワの摩擦ドラム、シリンバの木琴、カニンバの親指ピアノなどを収録しています。
型番 ザンビア/日本AORA/BNSCD-5520/4枚組/日本語解説付き
定価 6,930円(税込)
販売価格

6,930円(税込)

購入数
up down